PAGE TOP

HOME > よくある質問

よくある質問Q&A

空手を始めてみようかな?・・・と考えると同時に様々な不安や疑問が浮かんできます。 群馬佐藤道場ではご入会前によくいただく質問をまとめて Q&A集を作ってみました。ご参考にどうぞ。

空手稽古の出席は…? 稽古には毎回出席しないといけないのですか?
いいえ、稽古は強制的に行うものではありません。それぞれに家庭や仕事等の都合もありますし、体力も異なりますので思うように出席できない方も多いです。個々に自分のペースを守りながら稽古していくことが大切です。継続して稽古に取り組む気持ちを大切にしてください。
体力が心配です。体力に自信がないのですが・・・?
大丈夫です。新極真空手は強く厳しく激しいというイメージが強く浸透していますが、当道場に通う仲間達も皆、各々の体力に応じて無理なく稽古しています。初めは慣れない動きでキツく感じると思いますが、稽古中に休憩時間も挟みますし、それ以外でも不調を感じた時などは休憩を申し出ていただいて構いません。稽古を重ねてくにつれて体力がついてきているのを実感できるはずです。
遅刻してしまうかも… 仕事(学校)の都合で稽古開始時間に間に合わないことが多そうなのですが…
稽古は基本的に自主参加です。各コースとも定刻になると稽古は開始されますが、各々の都合もありますので、参加の意志がある方は途中からでも積極的に稽古に参加してください。
乱暴な子にならない? 空手で突きや蹴りを身につけることによって、お友達に乱暴しないか心配なのですが…
空手を通じて一番に目指しているものは、真の心の強さと優しさを身につけることです。稽古は礼に始まり礼に終わります。成長段階で礼儀作法を習得するという、乱暴・粗暴などとは正反対の強さと優しさを伝えていくことを目的としています。また、元気があり余り過ぎていて落ち着きに欠ける子なども、稽古を通じて集中力や自分をコントロールする大切さなどを身をもって学び節度をわきまえた行動ができるようになってきます。
空手は危険じゃないの!?好奇心旺盛でわんぱくな子供達にとって、空手は危険なのでは…?
稽古を安全に進めることには細心の注意を払っています。年齢や体力、各々の習熟レベルによって危険と思われる練習は行いません。希望者のみ直接打撃の組手の練習も行いますが、ヘッドギア・サポーター等の防具の着用を義務付けておりますので、大きなケガの心配はありません。また練習中のスパーリングなどでケガをする時というのは、相手を思いやる気持ちが欠けていたり、やる気や集中力が伴っていない場合がほとんどです。ですから、物事に集中する大切さや、痛みを知って人に優しくできる子に育つよう指導しています。
女性だけどできるかな…? 女性で空手未経験です。体力も自信ないのですが大丈夫でしょうか?
大丈夫です。当道場では男性に混じって女性も楽しく汗を流しています。また、県内初で唯一の女性指導員による稽古を行なうなど、安心して空手を楽しめる環境作りをしております。無理のないストレッチ運動から入り、普段使わない全身の筋肉をバランス良く動かした有酸素運動により、健康的に体を引き締める効果がありスタイルを気にする女性にはオススメです。 ミットなどを思い切り叩いたり蹴ったりすることで、日頃のストレス解消にもなりますので、心身共に爽快感を味わっていただけます。中学生~主婦まで幅広い年齢層の方がマイペースで楽しく通っていらっしゃいます。
年齢的にキツイかも… もう若くないので空手はキツイかな?と思い迷っています…
現在世界中で新極真空手に励んでいる数多くの方の中には、幼年から60代、70代の方までいらっしゃいます。空手はただ競技性のみを追求するものではなく、武道でありますので、年齢や性別を問わずに稽古を続けていけるのです。自分のペースを守り、無理なく焦らず、自分なりの目標をみつけて継続していってください。健康が増進され体力の向上を感じるにつれて空手の魅力に気づいていくはずです。
格闘技が好きで強くなりたいのですが… 強くなりたいのですが、試合などに出られるのでしょうか?また、実戦的なことを教えてもらえるのでしょうか?
はい。極真空手とは『一撃必倒』を掲げた武道です。健康維持のために、ダイエットに、などの目的で道場に通う方もいらっしゃれば、闘うことが好きで、試合を目指して自らに厳しい稽古を課す方もいらっしゃいます。
当道場指導者の佐藤隆孝は02・03年と連続で全日本王者に輝いた実績の持ち主ですので、選手を目指したい方には最適な環境といえます。
大会も初級者向けのものから、全日本大会、世界レベルのものまでありますので、志高く本物の強さを求めていくには段階を追ってレベルアップしていけます。
群馬佐藤道場には地方大会で好成績を残す者や、世界3位の実績をあげる仲間もいます。強くなりたい!と熱く燃えている仲間をいつでもお待ちしています。
何歳から通えますか? 空手道場に通わせて節度を持った元気な子に育てたいのですが、何歳から習えるのでしょうか?
子供のためのコースは4才~小学1年生対象のキッズコース、小学2年生以上対象のジュニアコースの2コースがあります。年齢によって指導方法も目的も変わりますので、コースによって雰囲気も違います。小さなお子様の場合は心配も多いことと思いますので、どうぞ稽古時間に見学・体験にお越しください。
空手の帯の違いは?
帯の色は、級を表します。日頃の成果を試す場として、年3回昇級審査を行ないます。日々の稽古に参加して一生懸命取り組んでいれば、受験資格が与えられます。
白⇒橙(10・9級)⇒青(8・7級)⇒黄(6・5級)⇒緑(4・3級)⇒茶(2・1級)⇒黒(初段)
性格が大人しいのですが武道を習うとかわりますか?
子供だけでなく大人にも言えることですが、武道を習う事・・・空手を習う事により、肉体的な強さが備わります。肉体的な強さは大きな自信となり、精神面をたくましくします。
「自信を持つ事」が、性格改善・積極性への第一歩と言えます。
荒々しく、わんぱく過ぎるので礼儀を教えたいのですが?
空手という武道では、楽しさや優しさと共に厳しさも教えます。練習によって肉体的な辛さを感じる事により精神面が鍛えられます。稽古で苦しさや痛みを知る事で、相手を思いやる気持ちがうまれます。
また、武道の価値観のもと、学校や家庭教育では見落とされがちな礼儀礼節も身につきます。
柔道、K-1、キックボクシング、総合格闘技などと比べカラテは?
柔道やK-1、ボクシング、キックボクシング、総合格闘技・・・強さを求めるスポーツは多々ありますが、空手は精神と肉体を同時に磨くスポーツとしての一面もあります。全身運動の空手には「シェイプアップ効果」があると共に、練習での「かけ声」はストレス解消にもつながります。女性には「美容と健康と護身術」が、男性には「健康と心身との強さ」が備わります。

群馬県にある新極真会佐藤道場では群馬県内7か所で空手教室を開催しています